女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

体質別生理不順の症状と対策1

FrontPage

体質別生理不順の症状と対策1

多くの方が生理不順で御困りの事と思いますが
漢方では体質を6つに分類してそれぞれのタイプに
合わせた対処法をしています。

1、気血両虚型
現象
生理時の出血が多かったり少なかったりする色は淡い
下腹部が痛む
眩暈、眼がちかちかする
顔面が青白かったり黄身を帯びている
生理の期間が一定でない

対策
生物や冷えた食べ物を控える
臍と鳩尾の中間、足三里、膝の上指5本分内側、
足の内踝から指4本上をマッサージする

2、血寒型
現象
生理が伸びる
出血は少量
下腹部の冷えと痛み
下肢の冷え
不摂生によって起こる

対策
秋冬の冷えに注意
腹部を冷やさない様に特に注意
臍の周りを時計方向に回して5分間マッサージする

3、血熱型
現象
実熱型は、生理時出血量が多く赤黒い
小便は黄色で、大便は固い
喉が渇き易くなり、顔面は桜色
虚熱型は、生理が長くなる
出血量は多く赤色

対策
肉類を控える
油症なので、こまめに湯に入る
肉類、生姜等を控えめにする
恥骨の上指3本の正中線上を10分マッサージする

続く

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional