女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

体質別生理前に起こる症状と対策

FrontPage

体質別生理前に起る症状と対策

ここでは、体質を4つに分けて其々の特徴と症状、防ぐ
方法を分類して自分に合った方法を試し易い様に
きしていきます。

1、肝郁気滞型
現象
生理前になると、
乳房、乳頭が張り
下腹が張る
悲しくなったり怒り易くなる
系絡の気の流れが滞って起る為、気の流れを良くしなければ
ならない。
対策
ストレスが過大ですので、リラックスを心掛ける。
(運動、音楽鑑賞等)
食事は、あまり辛い物、甘い物を取らない。
恥骨の上指の幅2本分(へその下)の所を2分間マッサージ
する。

2、脾腎陽虚型
生理前になると
現象
顔が浮腫む、又は浮腫んだ感じがする
眩暈がする
疲労感がある
眠い
下腹部の張り
腰が重怠い
腎の働きが衰えているので、腎系の刺激が必要。
対策
腎虚の為、冷たい食べ物を取らない。
常に暖かい食べ物を取る。
滋養の有る食べ物を取る
背中の背骨の両側背骨から指幅3本、ウエストの横に手を
当てて親指が当たる所を1分マッサージする。

3、陰虚肝旺型
生理前になると
現象
脈が速くなる
眩暈。眼がちかちかする
物忘れが多くなる
体力の無い人に起り易い
生理時の出血が多い人
対策
ストレスを下げる
休息を十分に取り散歩等を毎日行う
セックスは多くならない事
両手を揉んだマッサージする
暖かくなった両手でウエストに当てる

4、心脾両虚型
生理前になると
現象
動悸がして夜眠れない
神経性疲労感がある
空しく感じる
顔が黄色みを帯びる
食欲がなくなる
対策
食事は決められた時間に規則的に、満遍なく取る
楽観的に考えて、良い事だけを思う
頭のてっぺんをマッサージ
手首の小指側の横をマッサージ
その他、内関、手三里、心愈、脾愈をマッサージする

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional