女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

体質別生理痛の症状と対策

FrontPage

体質別生理痛の症状と対策

生理痛は多くの女性に見られる病気ですね。
漢方では4つの体質に分類して、その特徴と
予防策や対策をしています。読者の皆様は自分の
症状に合った予防、対策を試して楽しい生活を
お送りください。

1、気滞血遊型
現象
生理直前、生理時に下腹部が張り
出血は少量で黒紫色、出血後痛みは減退
乳房が張り、舌は暗い紫色になる。
このタイプは虚弱体質で、気の流れは滞っている。

対策
満遍なく良く食べ体力を十分につける
心臓がドキドキする様な事を避ける
趣味を広く持ち、交友にも心を向ける
両手を擦って暖かくした後両手を腹に乗せてゆっくり
回転する様にマッサージする。

2、寒湿凝滞型
現象
生理前、生理時に下腹部が冷たく痛みが有る
暖かいと痛みは減少
出血は少量で暗い色
手足が冷えている
冷えが体に入り新陳代謝が落ちている

対策
温野菜、肉など体の温まる食事をする
寒い時期は、体を冷やさない
足、特に膝の周辺を温める
マッサージは、足の三里、梁丘、血海、気沖を暖かくなるまで
行う。

3、気血虚弱型
現象
生理前、生理時に下腹がしくしく痛む
眩暈、動悸がして倦怠感がある
出血は少量
顔面が青白い
内臓の機能が低下し虚弱体質になっている。

対策
滋養のある消化に良い物を食べる
夜間の間食等を避け、規則正しい食生活をする
夜更かしをせず高タンパクを取る
背骨の両側、隔愈、脾愈、胃愈をマッサージする

4、肝腎号虚型
現象
生理時耳鳴り、眩暈がする
膝が重怠い
出血は少量で薄い色
肝、腎系が低下して血の不足

対策
肝、腎の働きを活発にするようなレバー等を食べる
気海、関元を5分位マッサージする。

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional