女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

女性特有の病気と鍼治療

FrontPage

女性特有の病気と鍼治療

女性特有の病気は、腎臓の働きが低下した時に起こり易くなります。

漢方では、腎虚と言い冷えが体に入り内臓の働きを低下させる
状態を言います。

鍼治療には、補と言う方法が有りつぼを使って治療する時に
気が逃げないようにつぼから鍼を抜く時に蓋をします。

この様にして、女性特有の病気を効果的に取り除き、
予防してゆく訳です。

その他に、相克関係にある経絡を使って治療したり、相生関係を
使用して、弱っている経を使わずに治療する事も有ります。

この判断は、人により、状態により適時に選んで使用するので
同じ症状でも治療が全く異なる事も珍しく有りません。

西洋医学の画一的な治療と異なる事が、理解を難しくし
効果をばらつきの有るものにし、あまり信用されない事に
繋がっているようです。

そのかわり、どんぴしゃりに当たった場合は、たちどころに
快方してしまうのも、鍼の特徴でしょう。

治療家はその為に日夜研鑽を続けている訳です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional