女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

漢方での年代別女性の健康と病気

FrontPage

漢方での年代別健康と病気の予防

個々の病気に対する問題は後のページで述べる事にして
ここでは、おおざっぱな区分でその時期の特徴と罹り易い病気に
ついて、話を進めさせて頂きます。

1、7歳ー13歳
腎気が盛んで疲れを知らず、元気に跳ねまわる事が
出来る期間です。

体は、男子より速い発達をし、成長速度も女性が速く
成人の体に達します。

この時期は
発育が速い為、怪我等の外傷に気を付けてください。

2、14歳ー28歳
生理が始まり、出血等で腎気が落ちてきます。
任脈、大沖脈が盛んになります。
情緒が不安定になり、精神的にも不安定になり
21歳で体が成熟しますので、それ以降の精神面の
不安定は無くなります。

食事を決められた時間にしっかり取りましょう。
体を冷やさない様にしましょう。。
特に下半身を冷やすと生理痛が発生したりします。
過激な運動等で体を疲労させない様に注意が必要です。
生理時やその前後に体の不調を訴える人が多くなります。

3、29歳ー47歳
筋骨が壮健になり、精神的にも安定した状態です。
陽明脈が衰退してきますので、顔が薄黒くなり
頭髪が抜け始めます。又白くなり始めます。

脂肪の過剰摂取に気を付けて
ストレスを溜め無い事。
戸外での運動を取り入れる

4、48歳以後
任脈の働きが低下します。
閉経が起り、情緒が不安定になります。

環境の大きな変化は避けるほうが良いです。
着かれ易くなるので、疲労を溜め無い事。

漢方では、女性の一生をこの様に記しています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional