女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

足のむくみの取り方

FrontPage

足のむくみの取り方

立ち仕事を1日すると足がむくむ人は結構多いようです。

足は歩いていればむくむ事はないのですが、じっと立って
いると、むくむ事は腎の働きが良くない人と言われています。

漢方薬で「ほんまいしゃんじぇんちゅー」を飲み始めて
5日位から、それまでむくんだ足が全くむくまなくなり
腎の働きが良くなったのかと、感心したことが有りました。

若い人にもむくみはありますが
実際は、足の血行が良くない事で起こります。

足は心臓より低い位置に有る為、心臓に血液を送り返すのに

ポンプが有りませんので、足の指を使って送り返すポンプの
役目をしているのですが、靴と靴下で働きを止められて
いる為に緩慢な流れとなっています。

その為足がむくむ訳です。

むくみの取り方は、
足のかかとの中央に線香かたばこの火を
近づけて(触ってはいけません)熱さが足の上のほう
まで達するまで、保持します。

熱さを感じたら遠ざけて、再度近づけます。

これを5回やってください。

実施するのは、寝る前が簡単だろうと考えます。

明くる日の朝は、全く足のむくみは取れている筈です。

毎日続けると、むくまないようになります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional