女性の病気は無理なく自然に治す漢方を御試しください

骨盤とダイエット2

FrontPage

骨盤とダイエット2

骨盤の歪みで多いのが左右のねじれです。

仙骨(尾てい骨の所)を中心に両側の骨盤が回転する事で
ねじれは起こります。

特に女性は、よく横座りをしますが、必ずどちらかに
偏っている筈です。
左右の横座りが違和感なく出来れば良いのですが
殆どの人はどちらかに偏ります。

これは、骨盤がねじれている為に起こり、矯正が腰回りの
ダイエットには欠かせません。

このねじれを外観から判別する方法は、うつ伏せに寝て
左右の踵の位置が同じかどうか確認します。

踵が他より長いほうの骨盤が後方に回転しています。

こうなると、短いほうは前方に自動的に回転します。

これで、骨盤の歪みの状態が分かったので、今度は
歪みの矯正方法です。

先ず事前に用意する物

  • 8-10cmの角材(長さは20cmくらい)
  • この角材を35度の角度で切断して2個

使用方法

  • うつ伏せに寝て、踵の長いほうの大腿骨の骨盤に近い所に
    下方から角材の傾斜部を上にして押入れます。
  • 反対の踵の短い側の骨盤は、腰骨の下に上方から角材を
    腰の下に押入れます。
  • その状態で15分じっとしています。

これを毎日続けると、自然に左右の踵が同じ長さになり
骨盤の歪みが解消されます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional