ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

アジアで海外生活11

FrontPage

アジアで海外生活11

中国2

中国では、初めて現地採用での勤務でしたが、取りたてて
大きな問題は有りませんでした。

工場は、8時から始まり、午後5時半で終業です。

残業は、たまに有るだけで殆ど定時で終わり、お陰で
中国語会話の個人レッスンを受ける事が出来ましたが
先生が、2ヶ月が終わった時点で国に帰ることになり
中断したのが、残念です。

中国に来ている日系企業には、大きく分けると2種類の
企業が来ています。

サービス残業を強要する企業(ブラック企業)
定時で帰り、残業は中国人にまかせて彼等の稼ぎを大きくする
企業

の2種類です。

日本では、管理職は部下の模範にならなければならないと
誤った感覚で、日本人に残業を強要する企業は、海外を
知らず、日本の論理で運営されている田舎企業なのでしょうか?

グローバル化が叫ばれて久しいですが、今でも日系企業の
多くがこれに該当するのではないでしょうか。

中国企業の一部でも、この点を見習って経営者に都合の良い
日本式を行う会社が出てきたのには、寂しくなります。

海外では、言葉一つでもストレスになりますので、毎日
サービス残業では、更にストレスが溜り、人生を楽しめなく
なるので、会社は注意が必要な筈です。

おまけに、ここ10年の間に、給料が40%近く下がり
中国の海外生活が快適から普通に変わってしまいました。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional