ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

アジアで海外生活2

FrontPage

アジアで海外生活2

マレーシア

3度目のエンジン故障で、中古車を売った会社が
売値で買取るから違う車を買えと言ってきました。

そこで、その会社にあったボルボはどうだと言うので
その車を買月賦にしてもらい、銀行から借り入れを
しましたが、現地の保証人がなければならず、友人の
一人がなってくれました。

この男とは、現在でもマレーシアへ行くと会っています。

ボルボ、BMW,ベンツは中古の値段が高く又
中古価格の下落が少ないため、マレーシアでは
銀行預金代わりとされています。

このボルボに乗って、北はタイ南はジョホール
東は東海岸縦走、西はポートクランまで国中走り
マレーシアの都会、田舎町を満喫できました。

この時感じたのは、アジアは車が無いと足が無いのと
同じで、つまらない生活を送らなければならないと
言う事でした。

車が有れば、いつ何処えでも行け誠に好都合です。

その頃は(1989年)飲酒運転もほとんど取り締まられず
夜走る車は殆ど飲酒運転ではなかったでしょうか。

そこで、私は小さい車では危険なので大きめの車に
こだわった訳です。

現在は飲酒運転は厳しく取り締まられているので
小さな車で夜運転してもそれ程危険ではありません。

車が有ったお陰で、オオトカゲを2度も見る事が
出来たのも、当時の思い出です。

街の近辺へ車で15-20分行った所で丘の中腹にある
農家の側でオオトカゲが車を追い越して行きました。

オオトカゲは歩くのが早く、人間が走るよりは
早く歩ける様です。

もう1度は、仕事が終わって工場に戻る途中の工業団地の
外れで、大きなオオトカゲが道路を横断していました。
警笛を鳴らすと、怒って口を鰐のように開けて
威嚇していました。

後で現地の友人にこの話をすると、轢き殺して
トランクに入れて、売りにゆくと漢方薬局では高く
売れるとの事で、損をしたと言われました。

現在は宅地化が進み、オオトカゲが生息出来る環境は
無くなっているので、見る事は無いのでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional