ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

アジアで海外生活3

FrontPage

アジアで海外生活3

マレーシア

マレーシアの国土は半島部と島の半分から成り立っています。

この為、島から半島部に来るには外国人はパスポートが
必要になり、殆ど本国人でも行き来するのは少ないです。

有る時、ボルネオ島から来た友人の兄弟が独立記念公園に
行きたいと言いましたので、連れて行くと彼等は
笑って、どちらが外国人か分からないと言っていました。

夜になって、ナイトクラブに行くと、シブにはナイトクラブが
当時は無かったようで、珍しいと喜んでいました。

シブは小さな町なのでしょう(当時は)

その為ナイトクラブも無く、若い男女は1度デートを
すると、結婚するのが当たり前と言う環境だったそうです。

現在は、インターネットで見る限りでは町は発展して
大きくなり、半島部の都会と余り変わらない様ですが
当時(1989年)は小さな町だったのでしょう。

マレーシアは現在は、南から北まで高速道路が縦断して
いて、国内の何処へでも車で簡単に行けますが、
当時は、高速が縦断していなくて、ペナンに行くには
大変でした。

特に、イポーと言う町からペナンに向かう道路は
つづら折れの道路で、前にトラックが走ると、延々長蛇の
のろのろ運転を強いられます。

現在は、高速のおかげで快適に通過出来、ペナンに行く
のも、スムーズに行けるようになりました。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional