ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

マレーシアの会社制度

FrontPage

マレーシアの会社制度

マレーシアの会社は、1年に12日の有給休暇と12日の
病気休暇が法律で義務ずけられています。

入社後3ヶ月は見習い期間でそれ以後は本採用となり、勤続1年毎に
各1日休暇が増えて最大21日までです。

保険は、夫婦と子供までは保険が使用できますが、両親は
保険適用外となっています。

その他、結婚、忌引き等の休暇も日本と同じ様に有り
従業員は、皆全てを取得して、翌年に繰り越すような事は
殆どありません。

イスラム教徒の従業員は、毎週金曜日の午後にはモスクに
礼拝に行くので2-3時間の休暇が与えられています。

他の宗教徒には、この特権はありません。

ケダ州では、金曜土曜が休日で日曜は休日ではありません。

その為、金曜の礼拝の休みは無い事になります。

仕事に関しては、結果をデータに反映させる事が求められ
結果が出せないと、解雇という場合もでてきます。

この辺は、アジアのどこでも同じ様で、日本の会社と
異なる所です。

会社の社員に対する要求は、過剰と言える位大きいですが
その全てを満足させられる人はマレーシアには存在しない位
です。

何事も求める事は多く義務は最小にするのがマレーシア
仕事術です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional