ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

マレーシアの生活

FrontPage

マレーシアの生活

マレーシアの夜明けは、7時少し前と日本に比べてかなり
遅く、6時台は真っ暗で工場に行くのに暗いなかを出かけます。

工場に着く前に太陽がで始めあっという間に南国の太陽が
降り注ぐことになります。

工場は、8時に始まり作業が開始されて機械が作動して
騒々しくなります。

午前中の10時に短い休みが入る所もありますが昼までは
作業が、継続され昼休みになり会社の食堂で昼食を
取り、その後仮眠する人も多いです。

午後の作業は3時の小休止を挟んで5時半に定時となりますが
その間もくもくと働いています。

その間に、イスラムのお祈りを5回までする事を許されている
会社も在りますが、会社に依っては休みの時間にお祈りは
済ませる事と労使交渉で決まっている会社も有るようです。

工場には、華人、マレー人、インド人の3民族が混合して
働いていますが、華人とインド人の大半はイスラム教では
無い為に、お祈りの部屋に入る事は出来ません。

日本人の管理職も異宗教徒の為お祈りの部屋に入る事は
出来ないのが現状で、夜勤等の場合はお祈り室で
仮眠する工員が大いのが実情ですが、対策は難しい様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional