ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

マレーシアの生活13

FrontPage

マレーシアの生活13

マレーシアでは、たばこは大別すると2種類あります。

紙巻たばこに関してですが、
始めの種類は、通常日本でも見られる形のたばこで、こちらは
値段が高く(10リンギット)、ばら売りが有る位です。

それに反してとうもろこしの葉を使って自分で巻くたばこは
安く(1-2リンギット)、庶民が利用しています。

どうしてこれほど値段が違うのでしょうか?

マレー人が多く吸うタバコは、税金が課税されていないのでしょうか。

それにしても、値段の開きに驚かされます。

この感覚は、ビールにもあります。

残念ながらアルコールは、イスラム教徒はあまり飲まないので
関係ないためか税金が高く11-12リンギットと
日本と同じ様な値段になっています。

以前には、ビールは安くて美味いものでしたが現在は
とても、気軽に飲めるものではなくなりました。

食べ物の値上がりに比べてアルコールの値上がりは異常と
言えるくらい値上がりしていて、レストランでビールを
飲むと食べ物よりビールの金額が多くなるくらいです。

中国系の人間に言わせると、マレー系はアルコールを飲まないから
税金はどんどん上げられると言っています。

これがマレー系も飲むならこれほど税金は上がらないだろう
との事です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional