ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

マレーシアの食事1

FrontPage

マレーシアの食事1

マレー人の食事

マレー人は時間が有る時の食事は、右手を使って手だけで食べます。

御飯とおかずを丸めてボールのようにした口に入れる食べ方で
慣れないと、片手でボールを作るのは大変です。

御飯はぼろぼろの粘り気の無いインディカ種の米なのでスープ等の
水分をご飯にかけてボール状にする訳です。

味は辛く、毎日食べるのは日本人には向かない様です。

1-2か月続けると確実に胸焼けが起こるので適当にするほうが
良いようです。

どうして、右手だけで食べるのかと言うと、左手は
トイレで使うためです。

マレー人はトイレで紙を使わず手の指でしますする為
食事には右手だけが使われる訳です。

左利きの人はちょっと困りますね。

マレー人の食事は、一般的には御飯におかずを乗せたぶっかけ御飯
が通常ですが、そこにカレー等の汁がかかっています。

それを手でボールにして食べるので優に1時間以上はかかり
会社等では、急ぎの時はフォークとスプーンで食べています。

手を使って食べた時には、食べ終わるとテーブルの上にある
やかんの水で指をすすぎそれで終わりです。

石鹸で手を洗うことはしないので、指がからしでひりひりしますが
彼等は別に感じていない様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional