ようこそ、このページは海外生活で遭遇した、実体験を報告しています。

マレーシアの1年2

FrontPage

マレーシアの1年2

華人の場合

1年の始まりは春節で、太陰暦なのでイスラム教と同じなのですが同じ時期に正月を迎えた事は私が知る限りではありません。

春節前の大晦日には、一族が集まり夕飯を食べる仕来りが
今でも残っています。

海外に住んでいても大晦日の夕飯には間に合う様に帰って
来るのが当たり前のことで、かなり大変な仕来りです。

夕飯が済んで、12時過ぎると寺に行き太い線香を上げて
新年を感謝します。

この時、寺に依ってはライオンダンスの共演披露が行われたり
する寺も有ります。

正月には、親戚に挨拶に行ったり又親戚が来たりして
なかなか忙しい様です。

ここで、赤包(マレーシアではアンパオと言う)を親戚の
子供達に渡すことになります。
アンパオは、幾つになっても独身の間は貰え結婚すると
上げる側になるようです。

正月で困るのは、レストランが全て閉まる事で、通常外で
食事を済ませているマレーシア華人は正月だけは、自分の
家で料理をしなければならず毎年同じシーフード等の
鍋物が多くなるようです。

その他では十五夜、に月餅を食べながら友人達と飲み明かす
位が1年の大きな行事でしょうか。

こんな中で、毎年生活を送る庶民は、ほとんど娯楽らしいものが
無く、毎日を送っています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional