肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

マッサージ機を選ぶ3

FrontPage

マッサージ機(器)を選ぶ3

  • 腕から肩にかけてこる

この肩こりは、始め叩くように動作と、その後揉む動作の
併用が最も効果的です。

この様な肩こりは、関節が関与していることもあり、始めに
叩くような揉み方で、関節の動きを少しでも良くし、その後
じっくり掴むようにして揉むことで肩こりの原因のこりを
取り除きます。

  • 首から背中にかけてこる

肩甲骨の下縁の位置で、背骨の両側指2本背骨から離れた所と
その下指3本づつ下方に合計6箇所を始め叩くように揉みその後
押すように揉みます。

原因は、胃の働きが弱っているか低下しているためで
マッサージすることにより働きが活発になり、こりが取れる
事で、首まで楽になります。

  • 肩だけがこりなかなか肩こりが取れない

この様な肩こりは、顎の関節異常が原因のことも多く
先ず
歯医者で、見てもらうこと事が早い場合があります。

顎の関節が正常で、この様な肩こりの場合は、首の前面を
マッサージしてみましょう。

それから、肩のマッサージをしてみてください。

肩こりも体の前後の筋肉のアンバランスで、起こることがあります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional