肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

右肩こりと左肩こり

FrontPage

右肩こりと左肩こり

右肩こりが起こる場合
胆石、腎臓結石の場合に右肩こりが出る場合が有る様です。

私の場合は生憎肩こりは出ませんでしたが、出る人もいるので
右肩がこる人は、記憶の片隅に置いておいてください。

左肩こりが起こる場合
心臓系の疾患が隠れている場合が有り、しつこい左肩こりには
注意が必要です。

特に心臓系は、発症する前に検査をする事で一命を取り留める事が
有ったりしますので、突然来てからでは手遅れになります。

人間の体は内臓の不調が体表に表れる事も多く、注意を怠らなければ
手遅れになる前に処置できるので大事ですね。

ただ、注意する点は
全ての人に肩こりが出る訳ではないのと、出てもそれが全て
内臓から来ている肩こりではなく、殆どの肩こりは
肩から腕、指の筋肉が原因の場合が圧倒的多数であるので
神経質に心配する必要はありません。

左右のどちらかの肩が特にこるので心配して、病院に行くのも
取り越し苦労かもしれません。

ただし、いつもの肩こりの症状と異なる肩こりの場合は
病院で検査をしてもらう事が必要ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional