肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

手が原因の肩こり

FrontPage

手が原因の肩こり

殆どの方が御存じ無いのが、手が原因の肩こりです。

肩凝りの原因が手(正確には手の指)だったとは!!

御存知でしたか?

そう、やっぱり初耳でしょうね。

首の後頭部の凝りは指に関係しています。

指を引っ張ると、ある特定の部位がぴくりと動きます。
この部分は、各指で違う場所です。

現在凝っている場所の担当する指を引っ張ると
その部分の凝りが取れます。

人間の体は、本当に良く出来ています。
又精密でもあり、ほんの僅かの収縮でも、体には
反応が現れます。

又手の指は常に曲げる方向できり日常は使わない為に
伸ばす方向に伸びにくくなっています。

これが、肩こりの原因になっています。

人間の体は、伸ばしたり曲げたりして使うのが一番良い
使い方ですが、どうしても曲げる方向が多い様です。

その為、肩こりが年と共に多くなるのは指の伸びが
悪くなった為に起る肩凝りです。

この肩こりを取る方法は

  • 先ず、人差し指から小指までの指を外側に反対の手で伸ばします。
  • 例えば、左の人差し指を外側に引っ張る時には、
    右手の人差し指、中指、薬指の3本で左の人差し指をつまみ
    外側に引っ張ります、その時に左手は真っ直ぐ伸ばした
    状態で行ってください。
  • 左右8本の指を伸ばし終わったら手を合わせて、手のひらだけを
    開きます。
  • 左右の指がどちらかに押し入っていれば、押し入っている
    指を重点的に、再度外側に引っ張ります。

この運動をしていると、手の指は外側に90度曲がる様に
なります。
そこまでいくと、目標は到達です。

どうです?

まだ肩こりが有りますか?

後は時々、運動をしましょう。

肩こ凝りの予防として、指の運動をしていると
間違いなく手から来る肩こりは無くなります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional