肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

睡眠と肩こり

FrontPage

睡眠と肩こり

良い睡眠(熟睡)を取っているときは、肩こりは起こりにくくなります。

熟睡時には、自動的に腹式呼吸をして静脈の流れが最大になり
体の隅々まで血液が無理なく流れるからです。

当然筋肉が原因の肩こりに効果があります。

寝起きで、肩がこっている時には、枕が体に合っていないか
温度、湿度が高過ぎたり低すぎたりして熟睡出来なかったときに
起こりやすくなります。

熟睡していないと、腹式呼吸が開始されていないので、動脈の力で
押し込まないと血行が体の隅々まで行きにくいからです。

当然血行は、腹式呼吸に比べて悪くなり筋肉の緊張が取れにくく
肩こりとして残ります。

肩こりの予防は、熟睡も1つの大事な要素です。

起きている時の、腹式呼吸の方法は
次のページで詳しく紹介させて頂きますのでご期待ください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional