肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩から首まで怠いとき

FrontPage

肩から首まで怠い時

この様な症状の時は、僧帽筋が血行不良になっている時で
首の調子も、肩の調子も共に不調なので動作が緩慢になります。

速攻で低減させるには、
不調な側の方と首を息を吐きながら、首を倒し、肩を持ち上げる
運動で行います。

暫くは、それで我慢できる位に低減させる事が出来ます。

本格的に僧帽筋の筋肉の疲れを取るには、
首の不調な側と、肩甲骨の上縁部を刺激する事で、
取る事が出来ます。

灸では
ぼんのくぼと肩甲骨の背骨寄りの角に灸をすえることで
この症状を取る事が出来ます。

首から肩がだるくならないようにするには、
肩から下げるバッグを両側交互に使う事と、重い物を
長時間片側で持たない事です。

それから、日常使用していないサスペンダーを使用しても
起こります。

時々外すと起こらないので、椅子に座った時などに外す事で
肩の不調を防ぐ事が出来ます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional