肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩から首まで怠いとき2

FrontPage

首から肩まで怠い時2

首から肩まで怠い時には、顎の筋肉がこっていることが有ります。

首から肩の僧帽筋と反対の動きをする筋肉で、この筋肉が
こっても首から肩が怠くなり、いくら首から肩のだるさを
取ろうとしても取れません。

こんな時は、左右の顎の中央と、鎖骨の際を押す事で
首から肩が驚くほど軽くなる事が有ります。

人間の筋肉は、2組の相反する働きをする筋肉が多くあり
これ等の筋肉のこりは両方を治療して始めて効き目が出てきます。

一般には、屈筋と伸筋と言われていて両者が協力して
人間の体の動きを遂行しているので、どちらか一方が
こると、他方は余計な働きを強いられやがて両方が
こる事になるのが普通ですが、感じ方は一方だけになるので
どうしても、感じるほうを治療しがちです。

これが、なかなかこりが取れない原因になっているようです。

皆さんもこれから、低周波等で自分を治療する時には
是非試してみてください。

カスタム検索

この応用は、腕や足でも使用できるので応用してみてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional