肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりで置き針を使う

FrontPage

肩こりで置き針を使う

慢性の肩こりの酷い人に置き針を使うと本人が知らないうちに
肩こりが取れています。

置き針には、円皮針を使うか皮内針を使いますが、共に
動いても安全で、筋肉のこりに効果が絶大です。

だた、どちらの針も一般の人には販売されていないのが難点です。

求める場合は、鍼灸師の登録番号が必要で、これさえあれば
インターネットでも購入が可能なのですが、現在の所は駄目なようです。

置き針の効果は、体を動かすことにより筋肉に置き針の刺激が伝わり
筋肉の血行を促しこりを解消するわけで、起きて活動している間
常に筋肉が刺激されているてんです。

知らないうちに刺激量が大きくなり無理無く筋肉のこりを取り除けるので
初めて針治療を始める人にも、抵抗無く受け入れられる点で優れた
方法だと感じます。

効果が持続する点でも優れていて、一度使うと止められなくなる位です。

もっとも、入浴時には注意しないと針を保護する絆創膏が剥がれて
針も落ちてしまい効果が全く無くなる事に注意しなければならないのが
面倒な点です。

それ以外不便な点は無いので、一度お試しください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional