肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと不眠2

FrontPage

肩こりと不眠2

少しの肩こりはかえって寝つきが良くなるように感じますが
酷い肩こりは確実に睡眠を防害します。

肩こりの為に目が覚めるので、良質の睡眠が取り難く成る為です。
睡眠時の血流は、腹式呼吸で血流は良いのですが体全体に
良くなるので、血行の悪い特定の部位は、周りと比べて
回復が遅れて、その分が強く感じ、肩こりが酷くなるように
感じられます。

こうなると、自然に治る範囲を超えているので、治療を
必要としますが、治療により酷い肩こりが取れると
不眠が確実に無くなり、熟睡出来回復力も手伝い
健康に戻るように体自身が働きます。

ここで、注意する事は肩こりの根本を治療する事で
単に肩こりの症状を取っても、又直ぐに元に戻るのでは
肩こりからは永久に離れられない事になり、不眠とも
離れられない状態になります。

この状態で、注意しなければならないのは、ほかの病気が
発生した時に、そのサインである症状を見過ごす恐れが
出る事です。

もし健康であったなら分かった初期症状が肩こりの為に
いつもの肩こりかと、感じられる事できずいた時には
手遅れということも出てきます。

一病息災と言われますが、病気を治そうとする姿勢に
余病を防ぐちえが隠されているようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional