肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと僧帽筋

FrontPage

肩こりと僧帽筋

肩から首にかけてこりが有る場合のの大半は僧帽筋がこっている起こる事が
多くあります。

僧帽筋は首の後ろから肩、肩甲骨にかけてある筋肉で首を左右に倒したりする時に
動作する筋肉です。

この筋肉がこると首を動かす時に重く感じたり、肩が重く感じたりします。

重く感じる程度の時には、肩を力いっぱい引上げストンと力を抜くことで
速攻で取る事が出来ます。

僧帽筋がこちこちになっている時は肩が盛り上がって居る様に見えこの時には
鍼灸に暫く通う事が早く解消できる方法でしょう。

低周波治療器等でも、定期的に行えば時間は掛りますが取れなくはありません。

低周波を使う場合は
2つのパッドを1つは右首の後ろともう一つは右肩の中央
終わったら
左首の後ろと左肩の中央
と2度の分けて使用すると効果が最大になります。

左右の中央を2つのパッドをあてて治療するよりも、僧帽筋を強く刺激して
楽になる度合いも高いようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional