肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと姿勢

FrontPage

肩こりと姿勢

肩こりが起こり易い姿勢は、猫背の姿勢で体の重心を
左右どちらかにかけた状態でしょう。

猫背は、僧坊筋を緊張させ長時間経つと肩こりを起こす
可能性が大きく、この様な姿勢は1時間に1-2分は
解除して反対の姿勢(胸を反らせて両腕を大きく開く)にすると
肩こりを防げます。

毎日机に向かって作業や勉強をする人には、必要な肩こり予防策
です。

椅子に座った状態で長時間作業する時には、背筋をぴんと伸ばして
座るのが基本ですが、長時間だと疲れて腰を落としがちです。

この姿勢は自動的に猫背の姿勢になるので、気が付いたら
背筋を伸ばすように心掛けると、確実に肩こりの予防になります。

また、作業の合間には手の指を反らせて指から腕の筋肉を
収縮させる事で肩こりを予防できます。

同時に、顎を突き出して体を反りかえる動作をするだけで
僧坊筋が緩み肩こりを防いでくれます。

普段使う側の動作と、反対の動作をする事で筋肉は均等に
活性化され、肩こりが起こりにくい状態を保てるので
日々の生活に取り入れると効果は知らないうちに出てきます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional