肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと手の疲労

FrontPage

肩こりと手の疲労

手を酷使した後、手の疲労を低減しておかないと肩こりの原因になります。

手の疲労は、普段使わない筋肉
例えば、1週間鉛筆を持って原稿を書き続けるとかすると
筆圧が低ければそれ程疲労は溜まりませんが、普段書き続けて
いないと、筆圧が高くなる傾向で疲労が溜まります。

こうなって、手を冷やすと肩こりが起こります。

肩の中央や肩甲骨の周りなどこって肩が重くなります。

こんな時には入浴で体の血行を促進し、浴槽内で手の指を良く
マッサージしましょう。

手から手首までの動きが正常になり違和感が無くなるまで
マッサージしておくと肩のこりが取れます。

特に首の周りのこりには、てのマッサージが有効で寒い冬には
特に念入りにマッサージして芯から手を温めながらマッサージすると
肩こりもほぐれて軽くなります。

肘の周りを加えれば早く効き目が現れますが、根本は手の疲労に有り
手の疲労を取る事に専念したほうが良い様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional