肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと手の痺れ

FrontPage

肩こりと手の痺れ

肩こりが有り、手が痺れる人の多くが胸鎖関節の動きが止まっている場合が今までの経験で多い様です。

この様に手の痺れを訴える人の胸鎖関節を動かしてやると、手の痺れが全く無くなるか残っても、気にならない程度でやがて消失する経験を何度もしています。

胸鎖関節を動かす事は、自分でするのは難しく町の整体師にやってもらわなければなりませんが、1回(夏などの暑い場合)で済む場合と数回必要な場合が有りますがどちらにしろ、比較的短期間に治ります。

どうして、胸鎖関節の動きが止まってしまうのか原因は明確に分かりませんが手の痺れと胸鎖関節の動きとは、関係が有るようです。

これは、胸鎖関節の動きが止まって周りの筋肉が血行不良で硬くなり神経を圧迫する為に起こるのではないかと考えています。

その他
関節が動かない事による、その関節周りの筋肉が血行不良の為神経を圧迫している事も考えられます。

どちらにしても、手に繋がる神経が圧迫されている事で、痺れが起こっている様です。

それを、関節を動かす事で筋肉の緊張がとけ、神経を圧迫しなくなるので
手の痺れが取れるようです。

人間の体は本当に、機械に比べて緻密に出来ているものです。

それを日々確実に使う事は、健康に直結するので大事ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional