肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと歯

FrontPage

肩こりと歯

歯が悪いと肩こりになります。

特に、歯の噛み合わせが良くない場合は、噛み合わせを
良くしようと自然に、顎の関節が調整されて(ずれて)
歯全体の噛みあ合わせを調整するからです。

そうなると、首の周りの筋肉が不均衡になり肩こりが
誘発されます。愕すべり症と言う状態に成ります。

この状態の肩こりは頑固でマッサージでは殆ど良くなりませんが
歯の噛み合わせ(歯の治療)を変えると瞬時に治ります。

又頭痛の原因にもなっている事があり、是非1度チェックを
してみてください。

チェックの方法は
鏡に向かって口を大きく開きます
その時
顎の関節がスムーズに動くか
音が出ないか
動きに横方向の動きがないかを鏡で検査してみてください

大きく口を開いた時に、音も無くスムーズに開く場合は
問題有りませんが、少しでもギクシャクする動きが有った場合は
愕関節が、ずれていますので、注意が必要です。

この顎関節の正常な位置に戻す為には、かなり大がかりな
準備が必要になります。

先ず、歯科医に罹り夜間のマウスピースを作ってもらい
夜寝る時にマウスピースをつけて寝ます。

このマウスピースは寝ている間に口の筋肉の緊張の偏りを
慣らし、愕関節の動きをスムーズにする事に効果を発揮してくれます。

これで、大方は肩凝りが無くなりますが、それでも取れない場合は
他の原因を考えなければならないでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional