肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと炎症

FrontPage

肩こりと炎症

肩こりは、肩の筋肉に老廃物が溜まり血行不良による貧血状態ですが
肩が熱っぽく、温かい場合は、なにがしかの原因で炎症を
起こしています。

こんな場合は、肩を温めると肩から首まで痛み出します。

その為に、肩をまず手で触って他の部分より熱いか冷たいか
同じかの判断を最初にしてから、以後の対策を行う事が必要です。

肩を触って

  • 冷たい場合とたと同じ場合
    肩こりなので温めたり叩いたりの普通の肩こり対処法でいいです。
  • 温かい場合
    炎症が有るので、先ず炎症を低減するために肩を冷やします。
    肩の表面でなく中のほうの場合は
    胸と背中の両方から冷やしましょう。
    こうすると早く楽になります。

楽になって半日から1日経って肩こりが起こったら、今度は
肩を温めてください。

この切り替えが世間では出来ていない為に、折角良くなったように
見えてまた悪くなったと判断していますが、熱の有るときと
無い時では、全く対処法が異なる事を覚えておいてください。

熱い時には、常に冷やす事、熱くないときは温める事で大抵の
不調は解消します。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional