肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと眼精疲労

FrontPage

肩こりと眼精疲労

目の疲れが溜まると、頭痛も起こしますが、肩こりも起こります。

眼精疲労の肩こりはなかなか取れず厄介な肩こりの部類に入り
ます。

目は常に使う為に、休める事が難しいのが起因しているようですが
漢方では、目の働きを活発にさせる事で血行を促し疲労と取り
肩こりを取るという順番で治療します。

目の働きを活発にするには
目の周りのつぼを刺激する事で、活発にさせます。
詳しい方法は
http://kaznak.but.jp/tarumi
に書いてあるつぼを使って、眼精疲労を取ると良いでしょう。

肩こりのつぼは、以前に掲載しましたが

  • 肩の中央(両側)
  • 肩の先端中央
  • 肘を曲げて、皺の先端(外側)
  • 肩甲骨の中央
  • 背骨の両側指2本離れた所を首から下に移動しながら押して行って
    痛い所か気持のよい所

以上の点に指圧をするか、刺激を与えると肩こりは取れます。

更に効果を上げる為に、手の指の運動をしてくだされば
肩こりの予防まで出来ます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional