肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと老化

FrontPage

肩こりと老化

高齢になっても、関節の可動範囲が若い頃と同じなら肩こりは起こりません。

高齢になって、肩こりが起こるのは病気が原因で関節の可動範囲が小さくなったり
筋肉の力が落ちて来て肩こりになります。

これを防ぐには、毎日体の隅づみまで動かす事です。

体を動かさないでいると、関節は退化してやがて動かなくなり易くその為に
年を取ると体が硬くなると人々は信じている様です。

毎日全ての関節を動かして生活していれば肩こりは起こらない筈です。

確かに、筋力は若い頃よりは落ちますが、関節を動かせないほどには落ちません。

落ちるのは気力で、だんだん横着になり体を動かして生活する事を怠ける様になる事です。

毎日のラジオ体操でも結構です。

必要なのは、毎日続ける事です。続ける事によって関節は正常に保たれ
150年は、動く事になっていますから安心してください。

このページで御紹介した、手の運動だけでも目覚めた時に寝床でやれば
老化による肩こりは、全く起こらなくなります。

死ぬまで、溌剌と楽しく生きたいものです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional