肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと耳の後ろ

FrontPage

肩こりと耳の後ろ

耳の後ろにこりが出て、だるい、時には動かすと痛い
等の症状は、誰でも簡単に取れます。

耳の後ろのこりを我慢していると、肩こりを起こす事に
なりますので、肩こり予防にも直ぐに取っておきましょう。

取り方は
手の小指を外側に90度させて(1000回位)動かし
その後小指を回転させて強く引っ張ります。

これで、耳の後ろのこりが取れている筈です。

小指を強く引っ張った時に関節がぽこと音が
する様に引っ張ります。

左右は必ずやりましょうね。

そうしないと、あなたは感じていなくても右がこっている時には
左も少しこっている筈ですので、右のひどいこりが
無くなると、左のこりを感じる様になります。

これで、耳の後ろのこりは解消すると同時に肩こり予防を
実行した事になり、肩こりにならずに済みます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional