肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと背骨

FrontPage

肩こりと背骨

背骨は、殆どの人がどちらかに捻じれて曲がっています。

日々の生活で変な癖がつき、背骨の関節が捻じれて動かなくなり
背骨が曲がる訳ですが、その代償として反対側にも曲がります。

背骨が曲がっているからと言って肩こりが起こる訳ではありませんが
一部の内臓の働きが低下されて、それが原因で肩こりが起こります。

例えば
肩甲骨の下の辺りで曲がっていると、胃の働きが低下して
胃の働きの低下の為に肩から背中にかけて肩こりが起こります。

こんな時は、胃の働きを助けてあげれば肩こりも取れます。

取り方は、背中の肩甲骨の下で背骨の両側指3本の所を強く押すと
胃がすっきりするので、試してみてください。

その下指3本分更に下指3本分の合計6か所を強く押すと
胃の働きを良く出来ます。

こうしておいて、カイロプラクティクス等で背骨の矯正をすると
完全に肩こりは起こらなくなります。

最後の背骨の矯正までやらないと、またしばらくすると肩こりが
起こるので、肩こりは再発する訳です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional