肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと腱鞘炎

FrontPage

肩こりと腱鞘炎

腱鞘炎になると、手の指が完全に動かす事に支障をきたし
肩こりになります。

腱鞘炎は、手首にある腕の腱を束ねる腕輪みたいな腱で
ここが炎症を起こして起こりますが、腱鞘炎になると
特定の指を動かすと痛みが手首に走ります。

また手首を捻ったり動かしている時にちくっと痛みが走りますので
どうしても、手の動きが鈍くなります。

腱鞘炎で痛む患部が他の部位より温かい場合は、冷やすと
楽になります。

痛みが減少して、温熱感が無くなれば鍼灸で痛みを完全にとる事が
出来ますので治療されると良いでしょう。

腱鞘炎を治療しないで我慢すると、肩こりが起こり慢性化しやすいので
必ず治療する事が、慢性肩こりを予防する方法です。

弾発指も腱鞘炎と同じ様に、指の腱の炎症ですので肩こりの
原因になり治療しておいたほうが良い様です。

ほおって置くと、最後には手術になる事もあります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional