肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと鍼灸治療2

頭痛肩こりの取り方と予防

肩こりと鍼灸治療2

肩こりの治療に鍼と灸のどちらがより効くかは、難しい判断ですが
治療家の技量と経験が同じだとすると、灸のほうに軍配が上がる
様に感じます。

特に、秋、冬にはこの傾向が強くなります。

熱の刺激が治療をし体を温める二通りの働きをしてくれるからです。

唯一、夏の暑い時は、灸は時に火ぶくれを作る為に、敬遠されますが
それ以外の欠点は無く、始めての方でも受けやすい治療です。

中には、鍼の頭に灸を付けて灸頭鍼と言う、鍼と灸の相乗効果を
狙った方法も見られます。

どんな方法でも、つぼを取穴してつぼに鍼か灸をすえる事で
治療する事は同じな為、つぼの選び方が経験と、勉強により
異なる事で、差が生まれてきます。

それと、その人が持つ感性が影響するのも鍼灸の特徴の一つでは
ないでしょうか。

病気の人の体質も当然有り、それらが全て会う時に鍼灸は
驚くほどの結果をもたらしてくれます。

ただこの状態、常に起こせるのは天才で、我々凡人では
なかなか、こうはいきません。

良く、1回で治ったとか患者さんに言われても戸惑うだけです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional