肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと鍼灸治療3

FrontPage

肩こりと鍼灸治療3

肩こりの鍼灸治療は、少しづつ良くなり気が付いたらぜんぜん
肩こりがなくなっていたという人が多いようです。

それほど、効果が少しづつ現れるために、多くの人が途中で
諦めて治療をやめてしまう為に、肩こりが治らなかったとなる訳です。

漢方は、副作用がない分急激に良くなる事もないのが普通です。

それを、2-3度の治療で結果が出ないと、止めてしまい
他の治療をしていては、自分の体を粗末にしていることになります。

灸は、印をつけてもらって後は、自宅で出来るので容易な治療法ですが
面倒くさいとか、言って自宅で治療するのを怠っては、治るものも
治らなくなります。

灸でも、体に瘢痕が残らない方法もあるので紹介しておきます。

艾を捻るときに、はがきを艾の上に置き前後に動かすと、
はがきの重さだけで艾を捻る事が出来ます。

このくらいが熱くない、瘢痕を残さない灸です。

艾をすえる時には、米粒大に千切ってすえますが火をつけて直ぐに
片側が節のある竹のつつで艾に蓋をするとじりじりした熱さも
ちくりと熱い感覚に変えてくれます。

以上の方法は、日本人が開発した治療法で効果が有り、負担が少ない
灸療法です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional