肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと顎のこり

FrontPage

肩こりと顎のこり

首から肩にかけてこりが酷い人は、顎もこっているのが普通です。

マッサージなどで首から肩のこりを取っても何となく楽にならないのは
顎のこりが残っていてこりが取れたすっきりした感覚が起きないのでしょう。

特に首から肩までこりが有る人は、最後に顎のこりを取っておきましょう。

そうすると、全体がすっきりと楽になり、同時に肩こりが
起こりにくくなります。

顎のこりを残したままですと、1日も経つと肩こりが始まっています。

これは、体の前後の筋肉のバランスが崩れた状態で、肩こりを
低減してしまっているからで、人間の体は元に戻そうと働くためです。

これでは、肩こりの治療ではなく肩こり治療の真似事になってしまいます。

どうも人間の体は左右のバランス、前後のバランスが良い時が
体が軽く、健康と感じるようでその感覚に沿った方法が
体にやさしい健康法で、治療法になるのではないでしょうか?

特に筋肉痛に関してこのバランスを保つ事を念頭に置くと
苦痛のない生活を送れるようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional