肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと顎の関係

FrontPage

肩こりと顎の関係

原因は歯の噛み合わせに有るのですが、歯の治療等で
噛み合わせが狂うと、顎の関節が噛み合わせを調整
しようとして、関節を微妙に動かして、関節が
正常な位置から移動します。

こうなると、それに伴い筋肉の動きが変わり
肩の筋肉に影響を及ぼし肩凝りが始まります。

この肩こりはいつまでも続き、歯を直したら途端に無くなる
様な事もありますが、肩をマッサージしては、全く
凝りを取る事は出来ず、酷い肩凝りに長年悩まされる事に
なります。

この場合の肩こりは、手の指では肩こりが取れないので
注意が必要です。

症状は、始めに噛む時に大きく口を開けて噛むと
顎の周りが少し痛いことから始まり、やがてこめかみが
痛くなります。

痛いと言っても常時では無く、食事の間だけですので
あまり苦になりませんが、やがて首が凝りだして
肩がこる状態になると、鬱陶しくなりますね。

歯のかみ合わせを治すには、歯医者に行く事を
お勧めします。

歯医者さんでは外観から見て直ぐに顎の関節が異常で有る事を
判断し、矯正具を作ってくれますので(保険は効かない)
以後は矯正具を夜寝る時に使えば、自然に顎の関節は
正常位置に戻ります。、

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional