肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりと風呂

FrontPage

肩こりと風呂

酷い慢性肩こりの人が、眠れなくて起きて風呂に入るとぐっすり寝られる
ので、毎晩深夜に風呂に入ると言うのを聞いて、驚きました。

その人は、昼間は湿布薬を肩に張っているとの事で、それでは
当然か肩が冷えて夜も睡眠の妨げになっているのも納得です。

世間では、肩こりと言えば湿布薬の貼付が当たり前になっているので
仕方が無いのかもしれませんが、風呂に入って暖まると肩こりが
楽になるのは、明らかに肩の周りの筋肉の血行が悪くなっている為に
肩こりが起こっているので、湿布ではなく温布をしなければ、より悪くして
いる事になります。

肩を触って他の体の部分より肩が温かい場合のみ、筋肉が炎症を起こして
いるので、湿布薬を使用します。

それ以外の場合は、温布薬を使用しましょう、そうすれば夜もぐっすり
眠る事が出来ます。

それでも肩こりが取れない場合は、鍼灸に罹ってみるのも1方法です。

ごく稀に、内臓の病気の為に肩こりが酷くなる場合があるので、
鍼灸で1カ月以上肩こりが取れない場合は、病院で診察してもらうのも
考慮に入れると良い様です。

始めから、病院に行くと鍼灸に罹りにくくなるので、この方法が
ベストの様です。

自分の体は自己責任なので、自分で決めなければなりません。

所が日本では、医師の力が圧倒的でそれを許さない雰囲気が有るのが
残念です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional