肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりの原因、筋トレ

FrontPage

肩こりの原因、筋トレ

筋トレをした翌日に肩こりが起こるのは、多くが肩の筋肉内に酸欠状態が起きている為です。

筋肉は、急に酷使すると乳酸が筋肉内で増え血流によって徐々に取る除かれるのですが
翌朝に残っていると肩こりが起こります。

そんな時には、血行を良くして乳酸を追い出せば肩こりも解消します。

勿論、運動をして血行を促しても同じ結果が得られます。

その場合の運動は、前日と同じ運動量か、それ以下の少ない運動量にする事です。

肩こりがすっかり取れたら、またより多い運動量を加える事で、疲労を溜めない
運動法が正しい筋トレとも言えます。

寒い時期には、温かい飲み物を取る事も肩こりには良いでしょう。

しょうが湯、卵酒などもお勧めです。

アルコールは、肩こりには向きませんので、注意が必要です。

確かに本人の感覚では、肩こりが軽くなる感じがしますが、その感覚は感覚がマヒした
ためにそうなるので、実際の所は全く筋肉には良い影響を与えています。

この為、長い事この様な習慣が出来ると後で問題が大きくなり損をします。

痛みの対処は、正攻法が最短で一番損をしない方法です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional