肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりをほっておくと

FrontPage

肩こりをほっておくと

肩こりをそのまま我慢していると、やがて肩に脂肪が付いてきます。

そうすると、後ろから見ていかにも太って見え、美容上から
見ても良くありません。

特に、中年に成ると、腰と肩に脂肪が付き、見掛けが悪くなる
傾向が有り、注意が必要です。

そればかりではなく、肩こりは手の痺れ等まで起こす事が
有りますので、美容、健康上ほおっておかないほうが良いかと
思います。

特に女性は、余り労働をしませんので、一旦肩に脂肪が付くと
取れ難く、そのまま中年のおばさん街道をまっしぐらですね。

そうならない為には、肩凝りを出来るだけ速やかに取らねば
なりません。

取る方法は、

指の運動です。

指で肩こりは取れます。

取れない場合は、歯、胃、腰から来ていますので
そちらの対処が必要になります。

機器を使用するのも良いですし、このページに書かれた
方法を試すのも良いですね。

どちらにせよ、肩こりはなるべく我慢せず取り除く事が
肝要です。

機器を使用するのであれば、金魚運動の機器が良い様です。

この機器は、腰から肩首にかけて運動を強制的に行いますので
肩こりに最適です。
おまけに、体に着いた脂肪を消費しやすい様な形に変えて
くれなますので、脂肪の消化にも効果的です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional