肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

肩こりをストレッチで

FrontPage

肩こりをストレッチで

肩こりをストレッチで取る方法は、呼吸法と併用すると
効果が高くなります。

もともと、肩こりは筋肉内の血液のうっ血で起こるので
呼吸法で、血液の循環を促進させて更に、ストレッチで
筋肉を動かすので効果が増す様です。

やり方は
息を吐きながらストレッチを行い、吸う時にストレッチを
緩めます。

例えば
息を吐きながら、両手を内側を外に捻りながら手首を返し
手の指をいっぱいに開いて上方に上げます。

息を最後まで吐いたら、息を吸いながら腕を内側に捻り
指を閉じてげんこを作り手首も内側に曲げ下に下ろします。

この運動は、肩の筋肉に血流を促進させる方法です。

こうすると、肩の筋肉のこりが速やかに取れます。

鉄棒にぶら下がる方法では
息を吐いて、力を抜いてぶら下がり
息を吸いながら懸垂すると効果的です。

これらは、
腹式呼吸を併用した例ですが、腹式呼吸は
血行を増大させる方法として、広く応用すると
筋肉が柔軟になりこりが取れる作用をします。

使うコツは
息を最後まで吐くことで、吸うのは自然に出来ますが
息を吐くのが、意識しないと出来ません。
ここに注意して実行してください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional