肩こり,肩凝り,頭痛,ずつう,取り方,予防

頭痛、肩こりの人が笑顔を取り戻せるページ

頭痛と肩こり

FrontPage

頭痛と肩こり

肩こりが酷くなり長時間経つと頭痛が始まります。

こうなると、マッサージで肩こりを取る事が時間がかかり
その間頭痛もしているので、我慢が出来ない苦しさが起こります。

こうならない為には、肩こりは早めに取り除いておく事です。

頭痛がするようになってから肩こりを治療するには、治療と同時に
円皮鍼を使い、常時刺激をすると頭痛は早く取れます。

円皮鍼を使う場所は

  • 肩甲骨の内側上端
  • 肩の中央
  • 肩甲骨の下端の高さで背骨から指3本離れた所
    の3か所に貼ると翌朝には頭痛が気にならなくなります。

この様な症状は筋緊張性頭痛と言われていて、頭の筋肉が
こった為に起こる頭痛が代表格ですが、けっして楽なものでは
ありませんね。

頭痛が起こると、肩こりが気にならなくなり頭痛に関心が
移りますが、治療は肩こりを取らなければ頭痛は治らないのが
難しいところです。

筋肉のこりは、原因の筋肉のこりを取らない限りは
完全にとれない所に注意が必要です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional