腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

ぎっくり腰と腰痛

FrontPage

ぎっくり腰と腰痛

ぎっくり腰と筋肉疲労で起こる腰痛の違いを見てみましょう。
ぎっくり腰の場合は、腰椎の関節間にある椎間板が不均等な
荷重の為に横の飛び出した為に起こります。。
この飛び出した椎間板が神経を圧迫して起こります。

その為、手術以外で治す方法は無い様に感じられますが、灸で痛みが取れる
事例が多くあります。

どうして、痛みが取れるのかは分かりませんが手術をする前に一度試して
見るのが良いかと考えます。

手術をすると、成功率は3割と言われていて7割は手術後も同じ状態で
手術後は灸で痛みは取れなくなります。

それに対し、腰の周りの筋肉のこりや、筋力の不均衡に依って起こるのが
筋肉による腰痛です。

ここでも、手術や神経ブロックなどが有りますが、こちらも予後は
はかばかしくないようです。

筋肉の場合は間違いなく鍼灸で全快しますので鍼灸に罹るのがベストの治療法と
なる様です。

お勧めするのは、腰痛が止まったから治ったのではなく腰痛の根本を治すことで
腰痛にならない様にする事ができ以後の生活が軽快に過ごせるようになることでは
ないのでしょうか。

腰痛のある人は、55歳前に根本治療をやる事をお勧めします。

それを超えると、治りにくくなり治療に時間がかかる様になりますので、
心に留めておいてください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional