腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

ぎっくり腰痛

FrontPage

ぎっくり腰

ぎっくり腰は椎間板ヘルニアと言い、腰椎の間に有る
板が無理な姿勢で圧力が加わって前後左右に飛び出して
起こる症状です。

一度飛び出した板は元に戻る事は無いので、以後は時々
ぎっくり腰が起こる様になります。

この飛び出した板は、脊柱の両脇を走る神経に触ると
飛び上がる様な衝撃が感じられるのでとても耐えられませんね。

確かに、板を手術で取り去ればぎっくり腰は無くなりますが
この手術の成功率はそれ程高くなく、手術後にも現象が
出たとか、その他の痺れ等を併発したとか、予後は必ずしも
良いとは言えません。

漢方は板を取り除く事はしませんが、痛みを取り除き
板が飛び出ていても痛みが出ない様にする方向で治療して
いる様です。

確かに、ぎっくり腰の人は、痛みが無ければ、生活に支障は
無く、それでいいのかもしれません。

ぎっくり腰は、手術でなければ治らないと言われたら
手術の前に、鍼灸に1度掛かってみる事をお勧めします。

手術をすると以後の体は元には永久に戻りません。

安易に手術をする事は、自分の免疫力を低下させ、他の病気に
対する抵抗力を減じる恐れがあり、どうしても必要な時以外は
やらないほうが得策です。

自然が最も自然治癒力が高いのは皆さん良く御承知の事ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional