腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

アキレス腱が伸びると

FrontPage

アキレス腱が伸び縮みすると

まずふくらはぎの筋肉が疲労しにくくなります。

当然足指の筋肉も疲れにくくなり腰の筋肉も、楽になり
腰痛の予防になります。

アキレス腱が伸び難いと、アキレス腱を伸ばす為に筋力が
奪われるだけではなく、筋肉の可動範囲まで制限されてしまい
筋肉の酸欠状態を招きます。

そうなると、筋肉は早く疲労してしまい疲労がたまり、痛みが
発生することになります。

アキレス腱が伸びると筋肉の血行も良くなり、腰の筋肉にも
好影響を与えるので、腰痛になり難くなり予防にもなります。

アキレス腱は、極僅かでも伸びなくなると、症状が現れますので
日常で意識して伸ばすようにするのが良いでしょう。

また、アキレス腱が縮むと、原因不明の症状(膠原病)が現れる
恐れもあり、体全体の健康にも寄与します。

アキレス腱を伸ばすには、
まず足全体を暖めてから、階段の段差を利用して伸ばします。

つま先で階段の第一段に立ち、片側づつ踵を下げてアキレス健を
伸ばして行います。

無理は禁物で、少しづつやりましょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional