腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

介護腰痛と金魚運動

FrontPage

介護腰痛と金魚運動

介護者は、被介護者を支えたり移動させたりする時に腰を使わなければなりません。

この時には、時に腰の周りの筋肉を不均等に使わなければならずその為に、腰痛に
なる事が多いようです。

これは、普段の生活で腰の周りの筋肉を均等に保っていないとてきめんに腰痛が
出る様で、そんなときの予防に金魚運動を介護前にしておくと、腰痛を予防できます。

金魚運動により腹筋、背筋、左右側副筋の4つの筋肉が柔軟になり疲労が偏らず
腰痛を防いでくれます。

既に腰痛のある人は、痛みの無い時に金魚運動で4つの筋肉を同じ状態に保つ事を
心掛けてください。

金魚運動は、毎日続ける事で効果が何倍にもなりますので腰痛予防には、最も
簡単な方法の様です。

但し
腰痛の有る時は、金魚運動は全く効果が無いばかりか時には、痛みが倍加する事が
有りますので、止めておきましょう。

特に、腰の周りが他の部位より暖かい場合は確実に、金魚運動で痛みが酷くなります。

腰に炎症が有る為に、先ずは冷やして炎症を止める事が必要になります。

体の痛みは、炎症の有る時には先ず炎症を抑える事が始めで、炎症が消失してから
治療する事で、最速で腰痛を治す事が出来ます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional