腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

体の歪みが原因の腰痛

FrontPage

体の歪みが原因の腰痛

体の歪みと言っても、背骨が少し曲がっている位では
腰痛になる原因ではありませんが、足の指、骨盤の
ねじれは、腰痛に多大な関係が有ります。

骨盤は、左右どちらかが回転している人が大半で
その為、足の長さが左右で異なる事になります。

回転したほうの骨盤の筋肉は引っ張られ、常に
緊張を強いられる訳です。

その為、背骨を引っ張り背骨が曲がります。

こうなると、曲った背骨により足への血行が
悪くなり、足の筋肉に疲労物が溜まり易くなり
柔軟性を損ない、腰痛が起こります。

この、骨盤の回転は、日常の動作習慣で
起こる事が多いので、日常の動作に気を付けて
いると、わかります。

例えば
座って足を組む時に無意識にどちらかの決まった
足を上にあげて組む筈です。

こうゆう日常動作と、その反対の動作を
比較すると、反対の動作は体にきつい筈です。
それは、毎日の動作で関節が少しズレテ、毎日の
動作をやり易くしているからです。

この様に、人間の習慣動作に依って体に
歪が出来、それが腰痛の原因になっています。

ではどうしたら、日常の動作を左右満遍なく
使う事が出来る様になるか?

それは、気付いた時には反対の動作をする事です。

それでも、気付かない時には日常の動作をして
いるので、丁度バランスが取れます。

2-3か月経つと、体が慣れてきてどちらでも
無理なく動作させられる様になりますので、
それからは、意識して左右を満遍なく使う
心掛けをしていれば、体の歪みは自然に
解消します。

次は、足の指ですが、

女性でよくハイヒールを履く人は、外反母趾に
なっていますが、この足の親指が内側を向く
変形の為に、腰痛が起こります。

酷くなると、手術が必要になる位
足の親指が変形し、腰痛だけでなく体全体に
変調をきたします。

詳しい説明は、足が原因の腰痛のページで
御説明させて頂きます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional