腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

体の歪みが原因の腰痛の予防法

FrontPage

体の歪みが原因の腰痛の予防法

ここでは、先天性の体の歪みが原因の腰痛
防止を省略して、生活習慣から筋肉に依る
歪みが原因で、起こる腰痛の防止法を解説します。

人間の体は、生活習慣上の動作に依り、知らずに歪みが
発生しています。
この歪みが原因で起こる腰痛を防止するには
先ず
御自身の習慣の動作を理解し、

その反対の動作を意識して行う事で防止できます。

例えば
1、人と待ち合わせ等で立っている時に、片足に重心を
置くのは、どちらの足でしょうか?
2、椅子に座って足を組む時にどちらの足が上にきますか?
3、床に有る物を取る時に、前、右前、左前?
4、階段を上る時最初に出すのは右足、左足?
5、後ろを振り向くのは右から、左から?
6、目の検査で、片目を覆うのはどちらが先?
7、朝目覚めて起き上がる時に右横から、左横、正面から?

これ等の、日常動作が腰痛の原因になっています。

1、の同じ足で立つのは、多くの人は左が軸足で
  左に重心を置いて立っているようですが、
  その為に、左の骨盤が右より後ろに回転して
  いるようです。
  この為、背骨がねじれ筋肉の左右バランスが
  崩れて、腰痛を起こしています。
2、の足を組むのは、股関節に問題が有り
  正常な股関節でなくなって反対の動作が出来にくい
  場合が多いです、
  当然腰の筋肉に影響して腰痛の原因になります。
3、では背骨の歪みが原因で同じ動作が楽になるので
  前で取る人以外は、反対の側で取りましょう。
  最終的には、前で自然に取る動作が出来るように。
4、ここは、軸足とも関連しますが、反対の足で
  訓練する事で、骨盤の左右差を無くす事が出来ます。
5、背骨の歪みが原因で、振り向き易いほうに
  向いている筈です、
6、利目があるので、少し難しい事ですが、訓練は
  いつ役に立つかわかりません、やって損はないでしょう
7、正面から、起き上がるのは腰の筋肉を目覚めと同時に
  酷使するので、腰痛の原因になります。
  左右どちらかの側から起きるのが無理なく
  起き上がる方法です。

以上を注意して、腰痛を予防しましょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional