腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

内臓の異変が原因の腰痛の予防方法

FrontPage

内臓の異変が原因の腰痛の予防方法

ウイルス等の病気、例えば風邪をひいて
咳やくしゃみが多発する時には、注意が
必要です。

咳やくしゃみは、体の筋肉が緊張して
急激に弛緩する為に、筋肉の痙攣を起こしやすく
それが、腰痛の原因になります。

そこで、咳やくしゃみの多発する時には
立っているのではなく、座っていることの
ほうが、筋肉の反応に柔軟に対処出来ます。

  • 咳、くしゃみの時には、座る姿勢でする。

これにより、腰痛の原因を無くす事が出来ます。

次は、
腎臓等の結石では、鈍い重苦しい鈍痛が起こりますが
結石を起こさない様に、水分を取り食べ物に
注意が必要です。

特に、肉と海老、蟹は尿酸値の高い人には
痛風発作を引き起こす事からも、控え目に
するのが予防効果を大きくします。

痛風の人は、薬を服用していますが、
薬には、2つのタイプが有り
1、尿酸の生成を抑えるタイプ
2、尿酸を強制的に体外に排出するタイプ
で、
2、のタイプの薬は、腎臓に尿酸結石を
作り易いようです。

その為、数年に1回、結石の検査をして
10年ー15年毎に結石を砕く事を
やらなければならず、注意が必要です。

胃が悪くて、腰痛が発生する事は
少ないですが、零ではありません。

胃が悪くなると
背中の筋肉が硬くなり、先ず肩こりが
起こりますが、腰痛の原因にもなります。

背中が痛く、子供に乗ってもらうと
気持ちがいいのは、胃が悪くなると
よく起こる現象です。

この時は、寝た状態でゴルフボールを
背骨の両側に置き、体を横に動かすと
気持ちがよくなります。
これにより、背中の筋肉が柔軟になり
胃の調子も良くなります。

通常、背中の気持ちがいい点は
左右3か所、合計6か所で
最上部は肩甲骨の下部の高さで
背骨から2-3cmくらいの両側で
2cmづつ下に下ろしていきます。

超音波治療器でも同じ様に
パッドを背骨の両側の上記の部位に当てて
電流を流すと楽になります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional